アルピナウォーターの硬度

アルピナウォーターの硬度

水には、硬度と呼ばれる数値があり、この数値によって軟水と硬水に分けられます。

 

カルシウムとマグネシウムがあまり含まれていないのが軟水、逆に多く含むのが硬水です。

 

含まれている栄養素が大きく違うので、味も大きく異なっており、軟水は癖が少なくさっぱりとしています。

 

硬水は飲み応えがあると評価する方が多く、癖がありますがバランスによっては美味しいと感じることが可能です。

 

アルピナウォーターで使われている水の硬度数は1.05であり、ミネラルが殆ど含まれていない軟水となっています。

 

その為、アルピナウォーターは飲みやすく、旨みを引き出しやすいので料理に向いているのが特徴です。

 

アルピナウォーターの硬度数の小ささは大きな魅力となっています。

 

 

北アルプスのピュアウォーターをご家庭まで!!
【アルピナウォーター】