アルピナウォーターの成分

アルピナウォーターの成分記事一覧

放射能、放射性物質に対して危機感を持つ人が増えています。大人よりも、子供に影響が出やすいと言われているので、お子様がいらっしゃる家庭では神経質になってしまうことも珍しくはありません。アルピナウォーターで使用されている水は、RO膜と呼ばれているフィルターを通しているのが特徴です。このフィルターは放射性物質を始めとして、不要なものを取り除くことが可能となっています。また、アルピナウォーターは定期的に放...

水の味を決めるのは、どのような成分が含まれているかという点です。ミネラルの成分は味に大きな影響を与え、特にマグネシウムやナトリウム、カルシウムの含有量は重要となっています。アルピナウォーターの水は、これらのミネラルがあまり含まれていない点が特徴であり、癖の少ないシンプルな味わいが魅力です。純水に近いという点がアルピナウォーターの売りの1つであり、変わった味はしないので飲みやすくなっています。その為...

水には、硬度と呼ばれる数値があり、この数値によって軟水と硬水に分けられます。カルシウムとマグネシウムがあまり含まれていないのが軟水、逆に多く含むのが硬水です。含まれている栄養素が大きく違うので、味も大きく異なっており、軟水は癖が少なくさっぱりとしています。硬水は飲み応えがあると評価する方が多く、癖がありますがバランスによっては美味しいと感じることが可能です。アルピナウォーターで使われている水の硬度...

アルピナウォーターの水の最大の特徴は、超軟水と呼ばれる程のミネラルの少なさです。ミネラルだけでなく不純物も徹底的に排除されており、飲みやすく安全な水がアルピナウォーターのサーバーで提供されています。その為、水の中には栄養素が殆ど入っておらず、カロリーは0kcal、たんぱく質、脂質、炭水化物は0mgです。水100ml当たりの栄養成分で、最も多く含有されているのはナトリウムの0.06mgとなっています...